やっぱり電話は嫌いだ

こんにちは! おゆ(@drums_oyu)です。

 

突然ですが、私は電話が苦手です。

嫌いです(特に受けるほうが…)。

それはこんな理由です。

私が電話を嫌いな理由は4つ

1. 心の準備が十分にできないから

電話はいつかかってくるかわかりません。

突然鳴り出します。

しかも、待たせるわけにはいかないので早く取らなくてはなりません。

受ける側は、心の準備をしている暇なんてほとんどありません。

 

以前、販売・接客の仕事をしていたとき、電話応対をすることもありました。

毎回急にかかってくるので、何度も電話を取っているはずなのに噛んでしまうことが多かったです…

私はいろんなことを同時にこなせるほど器用ではありません…

しっかり準備をする時間が必要なのです。

2. 聞き取りづらい、記憶に残りづらいから

相手の話し方や電話の向こう側の状況によって、聞き取りづらいことが多いです。

早口だったり、滑舌が悪かったり、周りがうるさかったり…

それで聞き取れなくて、2回以上聞き返すのも失礼かな…と思い、結局話の内容が正確に伝わらないことがよくありました。

私は電話のときは特に意識してハキハキと話すようにしていますが、それでちゃんと相手が聞き取れているかどうかは人によりますよね…

 

また、話したことをすべて覚えることは難しいです。

メモは取りますが、断片的になってしまいます。

一言で済むようなことならまだいいのですが、話が長くなればなるほど電話では非効率だと思います。

(一言で済むならメールの方がもっとありがたいなと思います。)

3. 余計に時間を取られるから

電話は、その場の状況が見えない状態で説明することが多いと思います。

すぐ簡潔に説明できればいいのですが、そうでなければ相手に伝えるために話が長くなってしまうことがあります。

また、受ける側は、かけてくる側の状況などは全くわからないことが多いです。

そのため、1から説明したり聞いたりしなくてはならないので、時間を取られやすいです。

4. 相手の都合の良い時間なんてわからないから

いろんな人がいろんな時間に働いているし、仕事以外でも忙しかったりするので、相手の都合の良い時間なんて絶対わかりません。

よくお昼の休憩時間を狙ってかけてくる人もいますが、これも良くないと思います。

休憩時間や食事をする時間に急に電話がかかってくると迷惑になります。

(ご飯を口に入れた瞬間に電話がかかってきたことがあるので…)

 

また、就職活動の際など、忙しくない時間帯に電話をしましょうとよく聞きます。

でも、販売・接客の仕事をしていたとき、忙しさは日によって違うし、必ず暇になる時間帯はありませんでした。

特にお客様相手の仕事だと、この時間だから電話をかけても大丈夫ともいえないと思います。

(だからといって、営業時間外にかけるのはもっと迷惑ですが…)

(忙しいときに限ってかかってきたりするし…)




緊急でない限り、電話はかけられないと思う

相手のことを考えると、電話はかけにくいなと思います。

そして、電話で伝えられることも限られるし、時間もかかるし、非効率です。

 

また、電話は実際に会って話すのと一緒で、私はすごく緊張します…(特に心の準備をしにくい受けるほうが…)

メールなどの文面で、落ち着いているときにしっかり考えながら簡潔に書いて伝えたほうが無駄がないと思います。

相手の時間を急に拘束することもないですし。

メールだったらいつ読んでいただいてもいいので!

わたくしごとですが…

私はガラケーユーザーです。

電話がかかってくるとわかっていれば常に自分のそばに置いておくのですが、家では普段ケータイは完全放置です。

また、電話がかかってくるとわかっていても、そわそわしながら待たないといけないので…

やっぱり電話は嫌いだ!