【作詞5】思い込みの呪縛

こんにちは!おゆ(@drums_oyu)です。

 

音楽とドラムと作詞、ときどき作曲に夢中な、物静かな人間です。

このページには、私が作詞した「思い込みの呪縛」を書いています。

思い込みの呪縛

大晦日の夜 シャッター街を抜けて

元日の朝 また同じ道を行く

いつもと違う静けさ漂う

だが その理由もわからない

 

あなたへ 休みなく働くその背中

「がんばって」とは言えないその背中

倒れてしまうその前に

気づいてほしいその呪いに…

 

必要とされている だから行くんだと

空元気の使命感が鞭を打つ

休む? いったい何のことだろう

問いかけても無口なままで…

 

あなたへ その立派な使命感は今

本当に今必要なのですか?

倒れてしまうその前に

気づいてほしいその呪いに…

 

あなたへ 疲れを知らないあなたへ

一度 一度立ち止まってみましょう

倒れてしまったその後で

気づいても遅いその呪い…

 

必要とされている 私がいないと…

それはあなたの居場所ではないのかも

何があってもいつも変わらず

陽は昇り 今日が始まるから