【ドラムを始めるには】私が実際に行動したこと②音楽スタジオに行く

こんにちは!おゆ(@drums_oyu)です。

 

前回、こんな記事を書きました。

今回は「②音楽スタジオに行く」です。

人見知りで内向型人間の私が音楽スタジオを探し、そこに初めて行ったときのことを書いていきます。

音楽スタジオへ行こう!

月に3回、ドラムのレッスンに通うようになりました。

ただ、自宅にドラムセットはないので、ドラムを叩ける機会はレッスンだけでした。

始めたばかりの頃は、とにかくドラムを叩く機会をたくさんつくりたいと思っていました。

 

そこで、先生に聞いてみました。

すると、音楽スタジオに行くといいと教えていただきました。

さあ、音楽スタジオを探そう!

インターネットで検索しまくりました。

人見知りの強い味方です。

見つけました!

自宅から自転車で30分のところにありました。

事前に予約が必要です。

さあ、予約をしよう!

電話することにしました。

 

電話…

苦手…

仕事で電話応対はしているものの、人見知りで内向的な性格ゆえ、迷いが出てしまいました…

 

それから1ヵ月後、やっと電話をかけることができました。

体験レッスンの申し込みには3ヶ月もかかったので、ちょっとは成長したようです。

現在は、インターネットで予約しています。

電話がつながった!

やさしい声のお兄さんが出ました。

私はカミカミながらも、無事に予約できました。

やっぱり話すのは苦手です…

いざ、音楽スタジオへ!

スティックを持っていきましょう!

スティック以外は借りることができます。




到着

人見知りで、気軽に入れるお店と言えば、スーパーかコンビニの私。

音楽スタジオなんて、ドラムを始めるまで行ったこともありませんでした。

 

それに、音楽スタジオになんとなく怖いイメージも持っていました。

薄暗くて、タバコ臭くて、コワモテのお兄さんがいて…

だから、かなり緊張していました。

 

しかも1人だし…

 

扉を開け、中に入りました。

 

想像通りでした。

(そのような雰囲気ではないところもあると思います。)

 

でも、スタッフは、見た目が怖そうな人もいますが、みなさんやさしく親切な方々でした。

また、スタジオ内はタバコ臭くないです。

さあ、練習しよう!

その前に、受付でスネアとペダルを借ります。

そのままスタジオに入っても、ドラムセットはありますが、スネアとペダルはありません。

分厚い二重扉を閉めて、練習開始です!

何か不具合やわからないことがあれば、スタッフさんに言えばすぐ親切に対応してくれました。

練習が終わったら…

私は、予約していた時間が終わる10分前になったら片づけをします。

受付に借りたもの(スネアとペダルなど)を返し、料金を支払います。

個人練習の料金

私が利用しているスタジオは、1時間¥500(税別)です。

また、予約は、予約日の前日からしかできません(個人練習の場合)

参考までに!

ドラムを叩ける場所を見つけたけれど、、

音楽スタジオに通いだしたのは、ドラムを始めて2ヶ月くらい経ったときでした。

ドラムを習い、レッスン以外でドラムを叩ける場所も見つけました。

でも、これだけではお金がかかるばかりです。

【ドラムを始めるには】私が実際に行動したこと③に続きます!

私の自宅練習セットを画像付きで紹介しています。

【ドラムを始めるには】私が実際に行動したこと③自宅練習セットを作る