【ドラム歴3年8ヶ月】チューニング講座を受けてきたよ

こんにちは!おゆ(@drums_oyu)です。

 

先日、チューニング講座を受けてきました。

いつもレッスンでお世話になっているスタジオのドラムセットのヘッドの張り替えを利用して行われました。

私のチューニングに関する知識、経験値は…

ほぼありません。

ドラムを始めて2年を過ぎたあたりから、いつも練習で使っているスタジオのドラムの音が変に聞こえたり、自分の好きな音ではないと感じたりするときが出てきました。

チューニングキーを使ってまぐれで調節できたことはありましたが、音の変化に敏感になってきたくらいでチューニングの知識はまだまだです。

 

また、自分のドラムセットを持っていません。

ドラムに触ることができるのはレッスンかスタジオに練習に行ったときだけです。

なので、すでにドラムはセッティングされています。

それをばらすわけにはいかないし、使える時間は限られているしで、なかなかドラムの仕組みを覚えることができませんでした。

本などで調べたりもしましたが、いまいちよくわかりませんでした。




今回参加したチューニング講座は、実際にヘッドの張り替えをしながら進められていきました。

講座を受けて思ったのが、、

やってみないとわからない

そして、やってみないと覚えられない。。

チューニングの仕方を本で読んでもピンとこなかったのが、実際に手を動かし、音を聴きながらやっていくと「なるほど!」「そうなんだ!」と感じることがたくさんありました。

 

今までドラムセットを分解したことがなかったので、壊さないかと少しビビリながらばらしていきましたが、意外と単純な構造をしていて、そんなにビクビクする必要はなかったなと思いました。

これも実際にやってみないとわからないことですね。

 

このほかにも、、

ドラムを始めたばかりの頃ではわからなかっただろうな

と思いました。

ドラムを始めて間もない頃は、音の違いなんてさっぱりわかりませんでした。

お構いなしで叩いていました。

 

ドラムを始めて2年を過ぎたあたりから、「変な音がするな…」とか「この音あまり好きじゃないな…」とか感じるようになりました。

でも、どうすればいいのかわからない…

闇雲にネジを回していました。

それでうまくいったり、何もしなくてもいい音だったりしたら、すごく気分よく練習もできたのですが、直せなかったときはそのままで練習するしかありませんでした。

なんか音がすごくカンカンするけど、どうしようもない…みたいな。。

自分の思い通りの音で練習できるとより楽しくなります。

チューニングっておもしろい!

ドラム歴3年8ヶ月というタイミングで、実際にヘッドの張り替えをしながらチューニングのことを学べたのはとても運が良かったです。

ドラムのチューニングにははっきりとした決まりなどはほとんどなく、ジャンルや好みなどでやり方は何通りもあるようです。

ますます自分のスネアが欲しくなるなぁ~☆