【ドラム歴3年7ヶ月】発表会本番!福山雅治「Message」を演奏しました

こんにちは!おゆ(@drums_oyu)です。

 

毎年秋に開催される、私が通うドラム教室と、私が作曲を習っていた先生が運営するギター教室との合同発表会が本番当日を迎えました。

これから、当日の様子や感じたことなどを書いていきます。

発表会当日!

会場は毎年同じダイニングバー。

参加者は子どもから大人まで幅広くいました。

特に今回は小学生、中学生が多かったです。

 

発表会に参加するのは5回目。

私の選んだ曲は、ドラム以外の楽器を地元のミュージシャンの方々がサポートしてくださる、とっても贅沢なバンドで演奏させていただきました。

メンバーは、ボーカル(男性)、ギター、ベース、ピアノ、ドラムの5人でした。

本番前にリハーサル

本番直前に演奏曲それぞれを1回、最初から最後まで通すだけのリハーサルをしました。

本番で使うドラムセットは本番当日でないと叩くことができなかったので、直前リハーサルで位置などをできる限り確認しました。

いつものセットとシンバルの位置が違うなーとか、本番直前でも動かす時間のありそうなところはないかなーとか、セットを動かせなかったら腕の動かし方をどうしようかなーとか、、

別日のリハーサルのときは絵に描いたように緊張していましたが、この日はわりと冷静でした。

やはり別日にリハーサルがあるのは私にとって大事なことです。



本番!

いよいよ本番です。

演奏して感じたことなどを書いていきます。

福山雅治「Message」を演奏しました

主なリズムは16beatでテンポもわりと速い曲です。

発表会で16beatの曲を演奏するのは初めてでした。

 

福山さんのライブではこの曲を演奏する前に手拍子をあおってから始めていました。

その手拍子をイメージしてからカウントを出すよう心がけました。

また、CDではサビで16分音符のタイミングでスネアを入れていたり、他にも細かな仕掛けがあったりしました。

それをマネすることもできたのですが、そうするとリズムを崩しやすくなるし、また、福山さんのライブでもおなじみの「パン、パン、パパパン!」という手拍子が印象的な曲なので、手拍子をするようにシンプルに叩きました。

「パン、パン、パパパン!」というリズムではなかったのですが、手拍子をしていただき、とてもうれしかったです。

緊張しなさすぎて…

別日のリハーサルでガチガチに緊張していた分、本番は緊張することはありませんでした。

が、それによって体がいつもより軽く感じうまくコントロールできず、出だしのリズムがぐちゃっとなってしまいました…

すぐ立て直しましたが、もったいなかったです…

 

あと、私の前に小学生が演奏したのでイスの高さが低かったです。

調節しようと試みましたが、手こずってしまい、「もういいや!」とそのままで演奏しましたがやりにくかった…

ちゃんと調節すればよかったです…

つられない!

リハーサルのとき、CDに頼りすぎていたことにより生演奏との違いに少し動揺してしまったところがありました。

本番はつられないようにしっかり演奏できました。

フィルインは…

フィルインのところで自分のカウントが止まってしまいズレてしまうという課題がありました。

とにかく最初から最後まで流れるように演奏しようと意識しました。

今までで一番うまくいったと思います。

自己評価は100点満点中…

80点です。

出だしがぐちゃっとなってしまったこと、少しフィルインが走ってしまったところがあったことなど課題はまだまだありますが、今まで演奏した中で一番楽しく演奏できました。

強弱もしっかりつけて、終盤に向かって曲を盛り上げていくこともできたと思います。

でも、まだまだ十分満足できたわけではないので、これからもしっかり基礎練習です!

あとで録画したものを観たら、テンポが原曲より速くなっていました…

演奏中は気づかなかったな…

改めて見返すと粗がいろいろと…

練習じゃ!!



うれしかったこと

たくさんあるのですが、今回ギターを弾いてくださった作曲を習っていた先生が、この曲を演奏するためにエフェクターを買ったそうです。

「Message」はアコースティックギターの音が利いた曲です。

でも、発表会ではギターを2本も持っていくのは大変だからということでエレキギターで演奏しました。

(先生一人でアンプやエフェクターなども持ってきていたので、それに加えてギターを2本持ってくるのはさすがに大変ですよね…)

エレキギターをアコースティックギターみたいな音にするためにそのエフェクターをわざわざ買ったそうなのですが、あまり役に立たなかったそうです。

私の知らないところでそんなことをしてくださっていたなんて、すごくうれしかったです。

先生本人から直接聴いた話だったのですが、すごくうれしかったのに反応薄くてすみません…

リアクションの勉強をせねばならぬ…

幸せの1日

ドラムを始め、発表会に参加するようになり、今回で5回目。

年々できることも増え、楽しさもどんどん増しています。

 

私がドラムを始めた理由の一つに、カッコいいギターソロのバックで刻むドラムのリズムがカッコいいからということがあります。

今回の曲にギターソロはありませんでしたが、毎年秋の発表会のギターは作曲の先生に弾いていただいています。

私は作曲の先生のギターの音色が大好きです。

テクニックがすごいだけでなく、なんだかドキドキ、ワクワクするのです。

ギターだけでなく、今回一緒に演奏してくださったボーカル、ベース、ピアノの3人の歌声や音色も同様です。

そんな皆さんと演奏できてすごく楽しかったし、幸せでした。

 

一緒に演奏はできなかったけれど、ドラムの先生の音も大好きです。

大好きな音が出せる人に習うことができているのもすごく幸せだなと思います。

 

福山雅治さんのギターや歌声、山木秀夫さんのドラムも大好きですが、こんな身近にも素晴らしいミュージシャンがいて、一緒に演奏もできて…

また発表会に参加できるといいな~☆