【ドラムレッスン記7】曲が演奏できればそれでいいのか…

こんにちは!ドラム歴3年7ヶ月のおゆ(@drums_oyu)です。

 

前回のレッスンから約3週間が経ち、

その間に発表会もありました。

発表会という一つの大きな目標が終わり、通常レッスンに戻ったわけですが…

どうすればいいかわからない…

やりたいことや演奏したい曲はたくさんあるのに、どうしたらいいのかわからないのです…

基礎練習もいつもどおりマイペースに続けているのですが、なんだか単純作業を繰り返すだけになっているような…

 

今年の3月まで月3回も通っていたレッスンを月1回まで減らしました。

月3回通っていた3年間は、先生から教えてもらったことを次回までに仕上げてきて、できていたら次に進んで…というようなことをしていました。

このおかげで先生に細かく見てもらえ、特に変な癖もつくことなく技術を身につけていくことができ、手を痛めたりすることもありませんでした。

先生とスティックの振り方が似ていると言われるくらい、きっちり身につけることができました。

 

ただ、4月から無職になったこともありレッスンを減らし、自分で考えて練習していく時間を多くしました。

10月から転職したしレッスンを増やすことも可能なのですが、月1回は少ないなと感じたので3週間に1回に少し増やしたものの、それ以上レッスンを増やすことはやはり多いと感じています。

先生に手とり足とり教えてもらうのはもう違うかなと…

だからこそ、今まで以上にレッスンに目的意識を持って臨まないと時間の無駄になってしまいます。

なのにわからなくなっている…

でも、その理由ははっきりしていました。

音楽を知らなさすぎる…

そのとおりです。

私は好きな曲ばかり何度も聴いていたので視野が狭いのです…

「いろんな音楽を聴きなさい」と今まで何度も忠告されていたのに、それを実行していないのですから当たり前です。

ただ曲を演奏できればいいのであれば、その必要はないのかもしれません。

でも、曲の練習をしていても基礎練習をしていても頭の中に「?」が浮かぶのです…

きっとこの忠告を無視し続けていたらまた同じ壁にぶつかることでしょう…




そしてもう一つ…

人の意見を気にしすぎ…

そうです。

どうしても自分の考えに自信がなくて、人に答えを求めてしまうところがあります。

昔よりはだいぶマシになってきたと思うのですが、まだ足りない…

教えてもらったことをそのとおりに練習することができるので、変な癖もつかずに技術を身につけられたという点では完全に悪いことではないと思いますが、このままでは一向に次のステップには進めない…

 

これらのことをまた改めて痛感したレッスンでした。

もう逃げないぞ!!

宿題が出た

先生が「宿題」と言って課題を提示してきたのは初めてかも…

詳しくは言えないけれど、どこからどう手をつけようか…という感じですが、とにかくやっています。

様々な感情にゆさぶられています。

「上を目指したい!」

レッスンの帰り際に、私は先生に「ドラムを始めて3年半以上、一度もやめたいと思うことなく楽しく続けられているから上を目指したい」みたいなことを言いました。

理由は何であれ「上を目指したい」とは我ながらなかなか思い切ったことを言ったな。。

でも、本当のことなので。

この「宿題」でどう変わっていくかな?