【ドラムレッスン記10】課題!休符の間もリズムを止めないように叩く(3連符)

こんにちは!ドラム歴3年10ヶ月のおゆ(@drums_oyu)です。

 

前回から3週間後と、そのまた3週間後にレッスンに行ってきました。

今回は内容がほぼ同じだったので、2回分のレッスン記を書いていきます。

課題!休符の間もリズムを止めないように叩く

福山雅治さんの「Gang★」を叩けるようになりたいという思いから、1年近く前から3連符の勉強を始めたわけですが、、

まだまだ苦戦中…

ずっと下の画像の基礎練習を続けています。

これを始めたばかりの頃はつまづきまくっていましたが、最近はとりあえず叩けるようにはなってきました。

とりあえずね…




というのは、、

常に3連符を感じて叩けていないから

なんとなくでしか叩けていないのです…

 

3連符で1拍目をすべて叩くと「タタタ」となります。

例えば、その3連符の真ん中が休符だったとき「タッタ」となりますが、このイメージで叩いてしまうと「ッ」の部分の長さがその都度変わってしまい、リズムが安定しなくなるのです。

その「タッタ」が「タータ」になってしまい、もっとズレることも…

「タッタ」ではなく「タツタ」、できれば「タタタ」のイメージのままで叩くことができればズレることは少なくなります。

 

私はそこがまだまだ甘いのです…

叩くたびに先生からズレていると指摘されまくりました…

でも、少しでしたができたときもあったので、根気よく練習を続けていればいけそうです。

やっぱりピタッ!と合うと気持ちがいい~☆

 

ただ、まだまだ慣れていないので、口で3連符を歌いながら叩くもすぐ息切れ…

頭の中でイメージできれば息切れもしなくて済むと思いますが、まだまだですね…

 

きっと頭の中でも口でも、そしてからだ全体を使って歌うことができたら、気持ちの良い3連符のリズムを刻めるようになれるのかな。。

8beatや16beatがまだ叩けなかった頃も、同じような思いをしていたのかもしれません。

次回は基礎からビートへ

と、レッスンが進められるように練習するをコツコツとやっていきたいと思います。

ものすごく細かいことですが、意識してそれがピタッ!と合うとやっぱりすごく気持ちがいいです。

ドラム楽しいな~☆