【ブログを始めて半年】その効果効能と思われる3つのこと

こんにちは!おゆ(@drums_oyu)です。

 

2017年4月3日から、このブログ「おゆリズム」を始めて10月で半年が経ちました。

話すことは下手くそなのに、書いたほうが意外と言葉が出てくるなぁ~と不思議に感じます。

自分の好きなことや書きたいことを、自分の好きなように書きたいように半年間書いてきたその効果効能と思われることを今回は書いていきます。

ブログの効果効能と思われる3つのこと

1. その場で感じたことをすぐ言葉にできるようになってきたこと

約3年半前からドラムを習い始め、定期的に個人レッスンを受けています。

レッスンの中で私がメトロノームに合わせて叩いたり、曲を演奏したりした後に必ずと言っていいほど先生から「(叩いてみて)どうでしたか?」と尋ねられます。

私は先生のこの質問がすごく苦手で、以前は言葉につまり何も言えないことが多く、まともに答えられたことがありませんでした。

きっと先生は難しいことを尋ねたわけではないし、立派な答えを期待しているわけでもないと思います。

が、それ以前に私がその質問を勝手に難しく考えてしまったり、思ったことや感じたことすぐ言葉にする力が著しく低かったりしたのでしょう…

 

このブログで、ドラムレッスン記なども書いています。

大好きなドラムを通して、レッスンやバンド練習などで体験したことを振り返り、そこで感じたことなどを書くということを、このブログで始めました。

その効果なのか、先生からの「どうでしたか?」という問いに最近はわりとすっと答えられるようになってきました。

自分で振り返り、それを文章でまとめることによって、自分の中で整理ができて話しやすくなったのかもしれません。

2. 持病のことをより理解できるようになったこと

このブログでは持病のアトピーの治療記なども書いています。

アトピー性皮膚炎という病気は症状の出方も対処の仕方も人それぞれで、完治の方法も見つかっていないため、うまく付き合っていくことがとても大切です。

ブログを書く前は、闇雲に対処していたように思います。

ブログを書くようになってからは、自分の現状やそうなってしまった原因などを整理できるようになり、それをしっかり医師に伝えられるようになってきました。

薬の名前も今まで曖昧だったのに、覚えられるようになりました。

 

意外と医師や薬剤師はさらっと薬の名前を話すことが多いので、自分自身がしっかり現状を理解していないと流されてしまい、後でわからなくなってしまうことが多かったです…

自分自身の現状をしっかり把握しておくことで、医師や薬剤師と対話しやすくなったし、わからないこともすぐ質問できるようになりました。

どんな病気でも、現状を把握しておくことはとても大切だと感じました。

それによって、より早く症状を治したり緩和したりできるのかなと思います。



3. 書くことがより楽しくなったこと

実は文章を書くことは以前はそんなに好きではありませんでした。

小学生の頃、作文や読書感想文などを書くとき、すごくだるいな…と感じていました。。

ただ、書き出しの言葉が決まってしまえば、後はスラスラと書けることが多かったです。

 

 

私は昔から話すことが苦手です…

特に相手の顔も見えて、自分の顔も見られている状態で話すことがすごく苦手です…

この状態で話すとなると、話す内容以外に顔の表情、声のトーンなどにも気をつけなければなりません。

 

私はいろんなことを同時にできるような器用な人間ではありません。

だからなのか、ブログを書くことは実際に声を出して話したり、顔の表情や姿、動きを見られたりするわけではなく、書くことだけに集中できるので、私にとって自己表現がしやすいのかなと思います。

どのような形であれ、自己表現ができる場所があることは精神衛生上良いことだなと感じました。

ブログっていいね

初投稿記事を書いてから、もう半年が経ったのですね。

関連記事

初投稿!ご挨拶

このときは仕事を辞めたばかりでしたが、10月から新しい職場で働き始めました。

きっとこれからも変化やいろんなことがあると思いますが、マイペースにこのブログ「おゆリズム」を続けていきたいと考えます。

これからもよろしくお願いします!