【アトピー性皮膚炎】日常生活で気をつける7つのこと

こんにちは!おゆ(@drums_oyu)です。

 

私はアトピー性皮膚炎を患っており、超乾燥肌、超敏感肌です。

医師の指導を受ける中で、薬以外にも日常生活で気をつけることがあったのでまとめてみました。

日常生活で気をつける7つのこと

1. 保湿をこまめに!

肌が乾燥しやすく、バリア機能が低下しているため、こまめに保湿剤を塗って乾燥する隙を与えないようにします。

ただし症状がひどいなどの場合、市販のお手頃な価格の保湿クリームを使用すると、クリームの中にいろんなものが入っているため、しみたり、湿疹を悪化させたりすることがあります。

 

私は現在、病院から処方されたヘパリン類似物質油性クリームを全身に塗っています。

(こちらも市販はされていますが、値段が高いです…)

余計なものが入っていないので、しみることはありません。

2. 保湿成分の高いボディーソープ、ハンドソープを使う

乾燥する隙を与えないためです。

ただ、こういった商品は値段が高いです…

とにかく肌がカサカサになっている時間を短くしたいので、保湿成分の高いものでなくても、使用後にすぐ保湿剤を塗ることができればよいと思います。

3. からだを洗うときは手で!

とにかく肌がデリケートなので傷つけないように、タオルではなく手で軽くなでるように洗います。

こすってはいけません!



4. 体を温めすぎない

体が温まるとかゆくなるからです。

また、食事をすると体が温かくなりやすいです。

もしかゆみも出てくるようであれば、食べたものを調べて、それを控える必要があるかもしれません。

私は熱いものや刺激の強いもの(香辛料がたくさん入っているものなど)は、体中がかゆくなるので、しっかり冷ますか、食べないようにしています。

以前、香辛料の効いた料理を食べ終わった数分後から、体から完全に抜ける1~2日くらいの間ずっとかゆかったことがありました。

そうなってしまうくらいなら、食べたくはないな…と思います。。

5. 1つのものを食べすぎない、飲みすぎない

バランスが大切です。

例えば、私はチョコを食べすぎて、顔に吹き出物ができてしまったことがあります。

6. 顔に髪の毛がかからないようにする

毛先が顔にあたって湿疹を刺激し、かゆくなります。

そのため私は、湿疹があるときはカチューシャでぐいっと髪を上げています。

前髪があったほうが落ち着くのですが、湿疹に髪が触ると激しくかゆいです…

7. 鼻をかむときは高級ティッシュで!

花粉症のためよく鼻をかむのですが、5箱で200円くらいのティッシュを使うと鼻がバサバサになってしまいます…

値段は少し高いですが、やわらかい保湿ティッシュを使うと鼻がバサバサになりにくいです。

上の写真は最近、近所に引っ越してきた方がご挨拶に来られたときにいただいたものです。

ちょうど花粉の時期だったのでとても助かりました。

鼻かみ専用ティッシュにしています。

やさしく扱い、こすらない、触りすぎない

とにかく肌に負担になることをしないということが大切のようです。

やさしく扱い、こすらない、触りすぎないことが基本ですね。