【アトピー治療記1】私の現状と治療内容

こんにちは!おゆ(@drums_oyu)です。

 

持病のアトピー性皮膚炎悪化のため、先月末で仕事を辞めました。

病気と向き合うためにも、現状をしっかり把握したいと思います!

私の現状

全身に赤い湿疹が満遍なくあり、とてもかゆいです…

特に腕、脚、背中はカサカサで真っ赤になることもあります。

所々傷になっているものもあります。

 

顔にもあります。

絵で表すと、特に目立つものはこんな感じです。

オレンジ色で表しています。

髪の生え際にある湿疹は髪の毛が触れるとかゆいし、なかなか治りません…

あごも赤くなっています。

想像以上に肌はデリケートだった…

超乾燥肌超敏感肌の状態です。

市販の保湿クリームを塗ってもすぐ乾燥するし、モノを触ったり、肌に少し圧がかかったりしただけでも荒れやすい状態です。

 

例えば、

・自分の髪の毛が顔に触れただけでかゆくなり、荒れる。

・手をテーブルの上に少しの間のせていただけで、テーブルと触れていたところがかゆくなり荒れる。

・寝るときに、布団を首まで掛けていたら、布団の端が首周りに触れ、そこがかゆくなり荒れる。

などです。

 

また、春はスギ、ヒノキ花粉が多く飛散する時期でもあり、これも肌荒れをひどくします。

私は花粉症歴12年です。

春は、鼻水、鼻づまり、くしゃみに肌荒れもよりひどくなるので、とてもつらいです…

 

先月末までリサイクルショップで働いていました。

ほこりが多い職場で、これも肌荒れをひどくしました。

また、古着をたくさん扱ったり、汚れているチャイルドシートやベビーカーなどの中古品を拭いてきれいにしていました。

手袋をして作業をしていましたが、かなり手が荒れました。

当時は手全体が切り傷、湿疹だらけでした。

仕事を辞めて約10日たち、切り傷はなくなり、湿疹も少なくなりました。




現在の治療内容

下の画像は処方された薬と手を保護するために使用している綿素材の手袋です。

処方された薬の内容

約8ヶ月前に病院を変えて、最近はずっとこれらの薬を続けています。

塗り薬は約8ヶ月前から、飲み薬は約1ヵ月半前から使用しています。

 

・レミカットカプセル2mg(朝、夕食後に1回1錠)

アレルギー性疾患の飲み薬です。

眠気があらわれることがあるそうですが、私は大丈夫のようです。

 

・スチブロン軟膏0.05%(1日2回使用)

湿疹や皮膚の炎症、かゆみを抑えるステロイド外用薬です。

顔以外に使用します。

塗るときはすり込まず、患部に薄くさっとつけます。

 

・プロトピック軟膏0.03%小児用(1日1回使用)

炎症を抑える塗り薬です。

夜だけ、顔の赤いところに使用します。

塗るときはすり込まず、患部に薄くさっとつけます。

ただし、傷になっているところには、逆に治りにくくなってしまうので使用できません。

 

・保湿剤

プロペト(50g)とヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「ニプロ」(25g)を調合したものです。

皮膚の乾燥を防ぎます。

こまめに、全身に薄くさっと塗ります。

1日6回は塗るよう医師から指導されました。

 

どの塗り薬も薄くさっと塗ります。

すり込んでしまうと肌を傷つけてしまうからです。



綿素材の手袋

綿素材の手袋は100円ショップで買いました。

さまざまな刺激から手を守るため、寝ているとき以外常に着用するよう、医師から指導を受けました。

 

症状をひどくしないために、なるべく手を使わないことが理想です。

寝ているときは、布団以外の刺激がないのと、汗をかくためはずします。

起きている間でも、汗をかいた場合はすぐにきれいな手袋に交換し、清潔に保ちます。

 

食器を洗うときは、綿素材の手袋の上からビニール手袋などで防水して行います。

水や洗剤などの液体も肌への刺激になります。

 

かなり徹底しなくてはなりませんが、さすがにお風呂に入るときやトイレに行くときははずします。

その代わり、お風呂に入る前には保湿剤を塗ってお湯の刺激から肌を保護します。

 

私は手袋をするよう病院から指導されて、今まで約8ヶ月間手袋をして過ごしています。

正直、面倒くさいです…

でも、していないと何か触っただけですぐ手が赤くなってきます。

 

保湿剤と手袋が必需品です。

湿疹が完全になくならないと手袋をはずせないようです。

 

手袋をしていると何かと不便です…

症状がそこまでひどくないときは、親指、人差し指、中指が出るタイプの手袋をしています。

細かい作業がしやすくなります。

 

手袋をしたままドラムの発表会に出たら、「DAIGOみたいでかっこいいね」と言われました。

手袋をするのも悪くはないなと思いました。

黒い手袋のほうがかっこいいかなと思って試してみたら、手袋の細かい繊維が手にたくさんついたのでやめました。

早く肌荒れ、かゆみから解放されたい!

今まで病院を6件変え、現在通っている病院で初めてこのような細かい指導を受けました。

その病院に通い始めたときは、特に顔がただれて、かゆくて眠れませんでした。

現在は、一番ひどかった頃よりは楽になりました。

まだ、手袋をはずしたり、化粧をしたりすることは難しい肌の状態です。

早く肌荒れ、かゆみから解放されたいです。