【アトピー治療記5】28歳小児科へ行く[後編]「~ちゃん診察室へどうぞ」

こんにちは! おゆ(@drums_oyu)です。

 

今回はこちらの記事の後編です。

前編のあらすじ

アトピーの症状がまたひどくなり、病院を変えてみることにしました。

祖父の友人の紹介で、アレルギーに詳しいある小児科の先生に診てもらうことになりました。

受付を済まし、問診票を記入し、いよいよ診察です。

28歳、小児科へ行く[後編]

総合病院の小児科の待合スペースで呼ばれるのを待っていました。

周りには赤ちゃんや幼稚園にあがる前かなと思われる子を連れたお父さん、お母さんばかりでした。

「~くん(~ちゃん)診察室へどうぞ」

診察室に呼ばれるときは、「~くん(~ちゃん)、診察室14番へどうぞ」と言っていました。

小児科って感じですね。

私も「~ちゃん」と呼ばれるのかな…と一瞬だけ頭をよぎりました。




「~さん診察室14番へどうぞ」

私の名前が呼ばれました。

「~さん」でした。

いざ、診察室へ

診察室内は、壁にアンパンマンやポケモンなど、キャラクターの絵が貼ってありました。

先生はとっても明るくて、陽気な方でした。

小児科の先生だから、特に明るいことは大事なのだろうな~

1時間に及ぶ診察でした

こんなに長く診察してもらったのは初めてでした。

しっかり話を聞いていただき、しっかり答えてくださいました。

話もわかりやすかったです。

検査をしました

今まで診てもらうだけで、検査はちゃんとしたことがありませんでした。

 

アレルギーの原因を見つけるために血液検査と鼻水もとりました。

結果は1週間後です。

 

検査は小児科の処置室でしました。

処置室の壁もキャラクターでいっぱいでした。

血液検査のために腕を乗せる台も、動物の柄でした。

(アラサー女の患者が一人で入っていくのには、少し躊躇しましたが…)

 

また、血液を採った後に貼ってもらうものがとても古典的でした。

脱脂綿に細いテープを一直線に貼られただけで、すぐ取れちゃいました。

特に問題はありませんでしたが…

(小さい絆創膏みたいなものを貼られると思っていたのですが…)

会計

「¥7,540です」

(たっ、高い…)

検査代が結構な金額になりました。

原因を突き止めるためだ!

仕方ない…

でも、紹介状があったので、初診料は安く済みました。



現在の治療内容

今まで病院を7件変えましたが、どのお医者さんも処方薬にあまり変わりはありません。

保湿ステロイドが基本のようです。

手袋で保護することは継続です。

ただ、今回は、、

飲み薬がありません

効かないし、気分が悪くなることもあったので、なくなったのはありがたい!

(今までいらないといっても処方されていました…)

先生曰く、飲み薬は慣れて効かなくなることもあるそうです。

保湿剤

保湿剤は前の病院で処方されたものをひどくないところに引き続き使用します。

ひどいところヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「ニプロ」を使用します。

ヒルドイドソフト軟膏0.3%のジェネリック医薬品です。

ティッシュが肌にくっつくくらい厚く塗ります

前の病院で処方された保湿剤に、プロペトと一緒に入っていたものです。

 

プロペトが入っていると厚く塗ることができませんでした。

体にラップを巻いているような状態になるからです。

 

炎症がひどくなっているところはかなりデコボコしているので、薄く塗るだけでは塗りムラができてしまうそうです。

ステロイド外用薬

強度が違う3種類を、湿疹のひどさによって使い分けます。

 

強い順に、

1. デルモベート軟膏0.05%

2. ザルックスクリーム0.12%

3. アボコート軟膏0.1%(ロコイド軟膏0.1%のジェネリック医薬品)

です。

 

アボコート軟膏は顔に、それ以外は体に使用します。

もうひとつのリドメックコーワローション0.3%は髪の生え際の湿疹に使用します。

最大で1日2回、よくなってきたら回数を減らすか、強度を弱めるかします。

 

今回処方された量はこんな感じです。

多いな…

1週間後にまた病院に行きます。

これが1週間分の量なのかな…

ステロイドってやっぱりすごい…

即効性がありますね。

塗ったそばからジュクジュクしていたのが治まりました。

かゆみも軽減されました。

その他に気をつけること

汗をかいたら3分以内でシャワーを浴びることだそうです。

汗をさっと流す程度です。

または、濡れタオルで拭くとよいそうです。

 

汗をかくことは必要ですが、汗を体につけたままにしておくのはよくないです。

これは私も認識していましたが、乾いたタオルで拭くぐらいでは足りなかったようです。

 

また、朝起きてシャワーを浴びることも大切だそうです。

寝ている間も汗をかくからです。

 

その他にもいろんなことを言われましたが、アトピーの治療法は人それぞれです。

今回は塗り薬とシャワーを浴びることを試してみることになりました。

入院するという方法もあるよ

2泊3日、入院して薬の塗り方やその他スキンケアなどを徹底するそうです。

考えてみようかな。

「小児科」の称号?

また1週間後に診てもらいます。

返ってきた診察券の表面に、病院名と同じくらいの大きさの字で「小児科」と書かれたシールが貼られていました。

この病院の皮膚科にかかっていたときは、シールなんて貼ってなかったのに…

何かの称号を与えられたのでしょうか…

(受付の人が戸惑わないためかな?)