【アトピー治療記11】ステロイドは減ってきたけれど、乾燥とあせもで大変…

こんにちは!おゆ(@drums_oyu)です。

 

こちらの記事を書いてから、3週間ほどが経ちました。

ステロイドを使う量は減ってきたのですが、現在8月中旬、連日30度を超える暑さにやられています…

私の現状

目立つ傷や赤み、湿疹などをオレンジ色で表しています。

口元にある、あとに残ってしまいそうな傷は、日に日に薄くなってきているように思います。

それ以外に目立った傷などはほぼありませんが、暑くなると顔全体に赤みが出てきてかゆいです。

体、手

ステロイドを使用するようなジュクジュクした傷、湿疹は少なくなりました。

でも、連日の暑さであせもがひどいです。

特に、首、手の指の間や甲、関節部分は赤みがまだらに広がってかゆいです…

脚は全体が真っ赤になります…

さらに乾燥もひどく、保湿をする量がさらに増えました。




乾燥とあせもで大変…

季節は夏、真っ盛り。

せっかくステロイドの使用量は減ってきたのですが、乾燥とあせもがひどく、かゆくてなかなか眠れないこともあります…

汗をかいたらすぐシャワーで流し、しっかり保湿をすることをもっと徹底する必要がありそうです。

また、なるべく涼しいところで過ごすことも必要ですね。

暑いところでじっとしているだけでも、赤くかゆくなってきます…

でも、汗をかくことは大事

なので、1日の中に汗をしっかりかいて、すぐシャワーを浴びる時間をつくろうと思います。

早朝に20分ほど近所を散歩します。

実は、この散歩は10年前からやっていたのですが、最近はサボっていました。。

(眠いし、暑いしで…最近は1ヶ月に1回になっている…)

朝一で歩くと、その日の体調が良くなって、体が軽くなる気がします。

私にとっては良いこと尽くしなのです。

これであせもも改善されるといいのですが。。

現在の治療内容

現在使用している薬はこちらです。

保湿剤とステロイド外用薬(アボコート軟膏)、プロトピック軟膏です。

以前、ひどいときはステロイド外用薬が下記画像の4種類もありました。

現在はステロイドの種類が減りましたね。

そして、塗る箇所も少なくなりました。

かなり改善しました!

これからは、プロトピック軟膏の方を多く使っていきます。

 

ただ、あせもがひどいので新たにこちらを処方されました。

粉状の薬です。

シップのようなにおいがします。。

ステロイドは減ってきたけれど…

徐々にステロイドが減ってきていることはうれしいのですが、あせもがかゆい…

また、夏でもすごく乾燥するので、冬はいったいどうなるのか…心配です。。