アトピーを悪化させないために私が始めたこと、やめたこと

こんにちは!おゆ(@drums_oyu)です。

 

私は生まれつきアトピー性皮膚炎で、今までに病院を7件変えてきました。

現在も治療中ですが、症状は落ち着いています。

完治はなかなか難しい病気ですが、アトピーの症状を悪化させないために医師の指導の下、私が始めたこと、やめたことで効果があると思ったものを書いていきます。

アトピーを悪化させないために私が始めたことは3つ

1. 汗をかいたらシャワーを浴びる

汗をかいたら石鹸などは使わず、シャワーでさっと流します。

長くても3分以内です。

体の表面についている汗を取る程度、軽くで十分です。

 

汗が体についた状態のまま放置していると、それが肌への刺激となりかゆくなってきます。

汗が引いて乾くまで待ったとしても、体には汗がついているのと変わりはないのでやはりかゆくなってしまいます。

面倒くさくてシャワーではなく濡れたタオルで拭いてみたことがありましたが、それでは不十分でした。

 

ただ、石鹸などを使ったりしっかりこすったりすると、肌を傷つけてしまうし、体に必要な油分まで取ってしまうことになり、乾燥し、よりアトピーを悪化させてしまいます。

また、シャワーを浴びた後に今まで着ていたものを着てしまうと、そこについた汗などでかゆくなるので、その都度洗濯された新しいものを着ます。

2. 朝起きたらシャワーを浴びる

これも汗をかいたときと同じで、3分以内でさっとシャワーと浴びます。

朝起きたばかりの体には、寝ている間にかいた汗がついています。

肌は乾いているから大丈夫だと思ってその上から保湿クリームを塗るとすごくかゆくなったことがありました。

アトピーケアのために保湿は欠かせないのですが、汗を取った状態の肌の上に塗らないと逆効果になります。

3. お風呂上りやシャワーを浴びて温まった体を水で冷やす

汗だけでなく、体が温まってもかゆくなります。

お風呂上りはの体はホカホカですが、その状態のままでいると、私の場合、体が赤くなったままなかなか引かず、かゆくなってきます。

それを防ぐために、風邪を引かない程度に、最後に体に水をかけて冷ましています。

お風呂の温度も熱くはしないようにしています。




アトピーを悪化させないために私がやめたことは3つ

1. 朝の洗顔で石鹸などを使うこと

日焼け止めや化粧を落とすために石鹸などを使うことはありますが、朝起きてすぐの洗顔は水またはぬるま湯でさっと流す程度にしています。

以前は朝もしっかり泡立てた洗顔フォームで洗っていたのですが、すごく肌が乾燥しました。

肌に必要なものまでごっそり落としていたのだと思います。

表面についた汗や汚れなどを落とす程度で十分なので、洗うたびに石鹸を使うのは逆に肌の負担になりました。

洗いすぎないことが大切だと感じました。

2. 入浴剤

水道水のカルキ臭さを紛らわすために入浴剤を入れていました。

が、水道水よりも入浴剤のほうが肌の刺激になると医師から指摘され、やめました。

 

入浴剤を入れていた頃、湯船につかるとものすごくかゆくなっていました。

でも、それは体が温まったからだと思っていました。

それをやめた今、劇的に効果があったとはいえませんが、入浴剤を入れないほうが肌にやさしいように感じます。

3. 柔軟剤

これも医師によると、刺激になっていたという事例があるそうです。

柔軟剤を入れないと洗濯物が硬くバサバサになるのではと懸念しましたが、特に問題はありませんでした。

私は柔軟剤のにおいが苦手だったので、その点でも快適になりました。

特に大切なことは…

・汗や汚れをそのままにしないこと

・体を温めすぎないこと

・洗いすぎないこと

・人工物による刺激をできるだけ排除すること

だと思います。

 

特に夏は汗をかきやすいので、シャワーを浴びる回数が増えるし、着替えもたくさん必要になるので面倒ではあります。

でも、私には今のところアトピーを悪化させないすごく効果的な方法です。