商品を雑に扱っていませんか?元店員が語る売り場の迷惑な客

こんにちは!おゆ(@drums_oyu)です。

 

私は4年4ヶ月間、リサイクルショップで働いていたことがありました。

意外と非常識なお客さんが目立ち、余計な仕事が増えたこともありました。

これから、元リサイクルショップ店員だった私が実際に売り場で応対した、見た迷惑なお客さんのことを書いていきます。

売り場での迷惑な客 4選

私は古着をたくさん扱うリサイクルショップで働いていました。

服はハンガーにかけ、種類ごとに分けて陳列していました。

また、子供用品や雑貨、食器類も扱っていました。

1. 商品を元の場所に戻さず放置

カゴにたくさん商品を入れ、それを通路に置いたまま帰ってしまう人がいました。

また、鏡の前で試着して、その服を鏡の近くにたくさん放置していく人もいました。

服はくしゃくしゃで、すべて裏返しになっていることもありました。

戻すのをただ忘れただげかもしれませんが、忘れたにも程があります。

 

また、元に戻す場所がわからなかったからと、たくさん服をカゴに入れて持ってこられた人もいました。

放置しなかっただけまだいいほうですが、服がすべて裏返しでした。

2. 背の低いハンガーラックに丈の長い服をかける

商品の服はほとんどハンガーにかけ、種類ごとに分けて陳列していました。

100歩譲って、商品を戻す位置がわからなかったけれど、似たようなところにかけてくれたのかもしれません。

ただ、背の低いハンガーラックにワンピースがかかっていることがよくありました。

ワンピースのすそは床についていました。

せめてその服の長さに合った高さのハンガーラックにかけてほしかったです。

3. 商品の包装を勝手にあけて放置

リサイクルショップなので、商品のほとんどは中古品です。

食器類は基本、未使用品を扱っていました。

その商品を店員がきれいに包み直して出しています。

 

そのため、ものによっては店員に頼んであけてもらい、中身を確認することができます。

包んであるため、中身が見にくい場合があります。

また、中古品なので、傷があったり不備があったりします。

それをお客様の目で確認して、しっかり納得されてから買っていただきたいのです。

 

ただ、商品の中身を確認されたいのはわかりますが、店員に何も言わず、勝手にあけて放置する人が多かったです。

おもちゃも扱っていましたが、中には勝手にあけて遊んで放置する人も…

中身を確認したかったら、まず店員に尋ねるのが一番ですね!




4. 店員の仕事だからと雑に商品を放置していく

「これは店員の仕事だから」

私が商品棚の整理をしていたときに、ときどき聞こえてきた言葉です。

そう言って、商品の服をハンガーにかけることなく、ハンガーラックにかぶせるように置いていく人がいました。

 

商品棚を整理するのは店員の仕事です。

でも、見たものを元の位置に戻すことはお客様でもできることだと思います。

できない場合は、店員に声を掛けていただけると、私はありがたかったです。

それを「店員の仕事だから」という理由で放置していくのは配慮が足りないのではないかと感じます。

この行為は、ただ店員の仕事を余計に増やすだけです。

商品を雑に扱っていませんか?

商品を雑に扱う人が結構いました。

また、「店員の仕事だから」という理由で、商品棚を余計に乱していませんか?

 

リサイクルショップの商品は中古のものがほとんどです。

店員はその中古品を商品として出す前に、拭いたり洗ったりしてきれいにします。

その作業はかなり大変です。

 

お店の大事な商品です。

購入前は特に大切に扱いたいですね!