acupunctureというブランドのスニーカーがお気に入りです

こんにちは! おゆ(@drums_oyu)です。

 

普段、服や靴、バッグなどのブランドにあんまり興味がありません。

 

以前、古着をたくさん扱うリサイクルショップで働いていました。

そこでいろんなブランド名を覚えたし、洗練されたデザインの服や靴をたくさん見てきました。

 

ただ、そんなブランドの服などを新品で定価で買うとなると結構高いんですよね…

だから、古着屋で安く買うのだろうと思います。

でも、私はアトピーで肌が弱すぎて、誰が何回着たかわからないような服はかゆくなるので着れません…

(靴もです…)

 

また、1着¥2,000以上するものは高いな~と感じて、買うのを諦めるか、買うまでに相当悩んだりします。

結局、新品でも安物ばかり買ってすぐダメにして失敗することが多かったです…

 

今も特にブランドにそこまで興味はないものの、acupunctureのスニーカーは気に入っていて3足持っています。

acupunctureというブランドとは?

アキュパンクチャーと読むそうです。

Acupunctureは1993年に、イギリス人の元針師であるフィル・デ・メスキータ氏と、同じくイギリス人デザイナーのニコス・ニコラウ氏により、イギリスにおけるアナーキーの代名詞である、ソーホーという街において産声を上げた。

ブランド設立当初から、ソーホー地区の伝統あるアンティークアクセサリーや骨董品などからインスパイアされたデザインのフットウェアを設計、世の中に送り出したことからすべてが始まった。

Acupunctureのプロダクトはすぐにイギリス中のトレンドセッターに受け入れられ、ニコラウ氏のデザインはマドンナやロビー・ウィリアムス、ビョークやジュード・ロウ等の数多くのイギリスを代表する歌手やスター達に愛され、アナーキーの象徴であるブランドの”A”マークは瞬く間にヨーロッパ全土に知れ渡った。

今も変わらぬ、革新的かつ斬新な進化を遂げるAcupunctureはヨーロッパをはじめとした世界中の若者に影響を与え続けている。

出典:岡山ゴム株式会社

リサイクルショップで働いていたとき、このブランドのスニーカーは全然見かけなかったです。

また、このスニーカーを置いている靴屋さんも私の地元ではほとんど見かけません。

3足すべて1つのお店で買いました。

なぜ好きなの?

最初はひとめぼれです。

シンプルで、かわいすぎず、ごつすぎないデザインが気に入っています。

そして、福山雅治さんの影響でハイカットスニーカーが好きになったのですが、ドラムをやっているので高すぎず低すぎないものが欲しかったんです。

靴底もドラムが叩きやすそうだなと思いました。

また、私はいつも新しい靴を履くと必ずマメができて痛い思いをしていました。

学校指定の靴などもきっと値段もそれなりに高かったと思いますが、まずマメを乗り越えないといけませんでした。

でも、このブランドのスニーカーだけはマメもできず、私の足にすごく合っています。

(元針師が関わっているから、足に優しいのかな?)

ブランド名やロゴが主張しているデザインは基本苦手だけど…

側面に大きくブランドロゴが入っているし、

後にもしっかりブランド名とロゴが入っているけど…

 

これはカッコいいからよし!

(気まぐれです。モノによります。)



値段は安くはないけれど…

私が持っているシリーズは、定価¥6,000~8,000くらいで一般的なスニーカーの値段ではあります。

でも、私にはすごく高い値段だったので、1足目を買うときは相当悩みました。

 

ただ、こちらの2足はたまたまセールをしていて半額で買いました!

だから2足も買ってしまいました。。

値段も大事だな~と思った

値段は安くはないけれど、つくりが丈夫で長持ちします。

(1足目は紺色に白のドット柄を買いました。履きすぎて結構色落ちしましたが…)

 

定価¥2,000くらいで買った靴はよく、1年も経たずに底がはずれたり破れたりしました。

靴は安くても定価¥3,000以上のものがいいなと思いました。

私の靴選びの基準はドラム

頻繁に靴は買いませんが、ドラムをやっているので靴を買うときはドラムが叩きやすいかで選ぶようになりました。

(服もです。)

なので、普段スニーカーしか履きません。

(一応、スーツと喪服用に黒のパンプスは持っています。あと長靴も…)

 

夏もスニーカーです。

だからなのか、全身アトピーですが足だけあまり肌荒れしません。

(肌を出さない方が荒れにくいのかな?)

 

サンダルなどを持っていないので、女子力はかなり低いと思われそうですが、別にいいのだ!!