やりたいことをいろいろ始めてみたけれど、今度はやめてみよう。でも、その経験は無駄ではなかった

こんにちは!おゆ(@drums_oyu)です。

 

こちらの記事の続きにもなっています。

ドラムを始める前の私は、趣味は貯金で、極力お金を使わないように休日は部屋でじっとしていることが多かったです。

基本的にひとりが好きなので、そんな状況でもさびしいなどと思うことはなかったです。

でも当時から「ドラムをやりたいけれど、どうしたらいいかわからない…」もしくは「どうやって諦めようか…」などと考え、悶々としていました。

ドラムを始めてから新しいことにいろいろ挑戦!

結局我慢できずドラムを習い始めると、それをきっかけに今まで訪れることのなかった機会が増え、私はその環境に身を任せるようにやってみたいと思ったことにどんどんチャレンジしていきました。

ドラムを習い始めて約3年半の間に…

ドラムを習い始めた半年後に教室の発表会に参加し、初めてバンドで演奏することを経験しました。

その発表会で知り合ったジャズギタリストさんが作曲を教えていると知り、習いに行きました。

作曲のレッスンなので曲だけ作ることができれば十分なのですが、作詞も始めました。

その1年半後、レッスンで作った曲を同じ場所で開催された発表会で演奏しました。

その発表会で知り合った方々とバンドで練習するようになりました。

そして、以前からやってみたかったブログも始めました。

以前は無理だと思っていたことが現実に!

ドラムを始めたことがきっかけで、いろんな機会が舞い込んでくるようになりました。

こう並べてみると、以前は趣味が貯金で、極力お金を使わないように休日は部屋でじっとしていることが多かった人とは思えないくらい、行動的になったと感じました。

でも、、

すべてのことが中途半端に…

これだけ多くのことを始めたことにより、どれもおろそかにしたくないという思いが災いし、疲れが出始め、すべてのことが中途半端になりだしました。

やりたくてやっていることなのに、それが変な使命感に変わりつつありました。

私はいろんなことを同時進行できるような器用な人間ではありません。

このままでは本当にやりたいことに一番力を注げなくなる、中途半端なままになってしまうと思い、好きなこと、やりたいことを見直してみました。



今度はやめてみよう

私のことをよく知る方々が、私の印象を言葉で表すとまず「真面目」だと言います。

あまりに真面目だと言われるので、それが以前は本当に嫌でした。

だから、この曲を作ろうと思いつき、書き出したら止まらなくなったのかな…と、、

今は気にしていませんよ。

この曲のおかげで、私のことを覚えてくださったり、仲良くなったりした人できてうれしかったです。

 

ドラムに作詞・作曲、バンドにブログ…とたくさん好きなことがあって、それが実際にできていることはとても幸せなことだと思います。

ただ、私はたくさんことを同時進行できるほど器用じゃない…

それらが好きなことから大きな負担になってしまう前に、それぞれのバランスを考えることにしました。

発表会でオリジナル曲を演奏するのはやめよう

作曲自体はやめませんが、オリジナル曲を演奏するとなると、自分が叩くドラムのパートをなるべく簡単に叩きやすくしてしまいがちになります。

自分が今叩けるリズムでしか、なかなか考えられないし、思いつかないのです…

 

私はドラムを叩くことが一番好きです。

これからもっと難しいことにもチャレンジしていきたいし、自分の好きなアーティストの曲をプロミュージシャンのサポートで演奏できるのに、数少ないこの発表会という機会でそれがあまりできなくなるのはもったいない気がするのです…

ケガをしたり、大事な急用ができたりなどしたら、毎回必ず参加できるわけではありませんし…

オリジナル曲の演奏は協力してくださる先生方のおかげで実現できたものですが、こんな気持ちの私が無理やり続けても良くないな…と思いやめました。

 

オリジナル曲を演奏した発表会の後日、作曲の先生に「また来年もやるとか?」みたいなことを言われ、これに対し私が変な使命感を持ってしまったのがいけなかったのだと思います。

続けなきゃ!みたいな…

今年の発表会もその気で曲を作っていましたが、「何か違う…」とモヤモヤ…

一度作曲の先生に曲を見せに行ったものの、やっぱりモヤモヤ…

 

そういえば、ある知り合いの方に「バンドと作曲のどっちがやりたいの?」と聞かれ、私は「バンドです」と即答したことを思い出しました。

モヤモヤしながら続けるより、一番やりたいことに集中したほうがいい!

しかも、これはレッスン代としてお金もかかることだし、お金は有限なものだから、自分が本当に使いたいものに使わないともったいない!

ただ付き合いや縁を続けるためにお金を使うのは違う気がする!



ということで、考えた結果、、

ドラムと作詞と福山雅治さんが好きだ!

ということに落ち着きました。

作曲のレッスン代にとっておいたお金は、来年の福山さんのライブ代に!

ファンクラブの抽選先行予約で当選しました!!

楽しみすぎる!!!

 

そして、今年の発表会は3年ぶりに福山さんの曲を演奏できるので、これもまた楽しみ!!!

毎回福山さんの曲を演奏したいと言うのですが、ドラムの先生に断られていたんです…

今回はなぜOKされたのか謎ですが、うれしくてたまりません!!

 

また私は、小学生の頃から歌詞を書き写すことが好きで、今もよくやっています。

字が下手にならないように防ぐこともできるし、詞の世界に没頭できるのですごく楽しいです。

作曲を習いに行ったことで、自分で作詞をすることにも弾みがつきました。

あわせて読みたい

作詞 作品一覧

その経験は無駄ではなかった

今後続けることが難しいとしても、それまでに経験してきたことは一つも無駄にはなっていないと思っています。

作曲のレッスンを受けて、そこで習ったことをもとに曲を作り、発表会で演奏させていただいたのは一生の思い出です。

そのおかげで、私のことを覚えてくださったり、話しかけてくださったりして、新しい出会いもありました。

 

もちろん続けることはすごいことだと思います。

でも、それは自分がきちんと納得した上で続けていることなのかどうかというのも大切な要素だと思います。

私の場合、知らないうちにストレスがたまり、それが病気として表れやすい体質なので、ほどほどにしないと重症になり自由に動けなくなることもあります。

(持病のアトピーもその一つかも…)

 

人の意見などを気にするばかりでなく、自分の気持ちに素直になり、ひとりでじっくりしっかり考える時間をもっと大切にしたいです。

マイペースに「今が一番楽しい」をずっと続けていきたいと思っています。